Accounting

クラーケンがプルーフ・オブ・リザーブ監査を開始し、顧客が暗号資産残高を検証することを可能に

米ワイオミング州シャイアン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界最大のデジタル資産取引所の1つであるクラーケンは、次世代監査基準を設定したことを発表いたします。これは、ビットコインとイーサリアムの残高が実際の当社保管資産によって裏付けられていることをクライアントが証明することができるように設計されています。 アルマニーノが実施するプルーフ・オブ・リザーブ監査は、2014年以降に当取引所に対して実施されるこの種のものとして2番目のものであり、190億ドルを超えるクライアントのビットコインとイーサリアムが安全かつ証明可能な形で当社プラットフォーム上に存在していることを確認するものです。これには、35億ドルの価値を持つイーサリアムが業界の主要ETH2バリデーターであるクラーケンの安全なオンチェーン・ステーキング・サービスに保管されていることも含まれます。 この監査は、当取引所で売買できる100種類を超える資産のわずか2種類しかカバーしていませんが、新しい暗号資産監査の推奨基準に準拠しており、それを発展させることを目指しています。このような監査がデジタル資産のセ Off Site Reports Full Tilt Business is the brainchild…

Translate »